オーラ マインド

願いを叶える超強力実践方法!右脳がその鍵を握っていた?

超強力な引き寄せをするための実践方法とは

こんにちは。シマユキです。
今日は超強力な引き寄せをするための実践方法その3をお伝えしたいと思います。

超強力な引き寄せをする、ということは、何度もお伝えしている「魂を磨くこと」につながってきます。
魂を磨くことは、私たち人間が生まれた理由でもあります。


私は、引き寄せる方法は一つではないという風に思っています。
これは、私自身が今まで生きてきて、こういった考え方に辿り着くまでに様々な経験をしてきたからです。
また、それらは必然であり、必要不可欠な要素でした。

この記事を読んでくださっている方々は、自分の人生をより良くしたいと感じたり、お金が欲しい、車や家が欲しい、旅行に行きたいといった願いを叶えることをしたくて、その人生を手に入れたいと思っていることと思います。
そして、この記事に辿り着いたように、皆さんも様々な方法で引き寄せの実践をしていくべき人なのだと思います。

今回は「右脳を鍛える」というところに着目して、超強力な引き寄せを起こすための実践方法をお伝えしていきます。

右脳を鍛える=魂の声が聞ける

まず、右脳を鍛えるということですが、この考えは「ネドじゅん」さんという方が広めてくださっています。
また、この考えをブログで伝えたいということをご本人にお願いしたところ、快諾していただけました。
本当にありがとうございます。

ネドじゅんさんは、もともと絵かきをしていた方で、体の不調から治療のために心の声を聞くということをしていたそうです。
すると、ある日突然突然思考するときに頭の中に入ってくる声が完全に消えてしまうという出来事が起きたそうです。
それは突然すぎて耳が聞こえなくなったと思うほどで、しかし鳥の鳴き声や車の音はちゃんと聞こえたので、耳が聞こえているのは分かったとのこと。

その後目に見えている世界が輝き、幸せの感覚が体を貫き、自分の意識が「覚醒」したのだと悟ったそうです。
そして、これらの出来事は左脳から右脳に意識が変わったからだということが分かり、様々な方面でその考えを広めるべく現在も活動を続けていらっしゃいます。

私が魂についての記事を書いたときに、心地よさを感じることが自分の魂を鍛えるということということをまとめました。

私はネドじゅんさんの話をYouTubeで初めて見て、これはすごいとピンときました。
この実践方法を続けることができれば、私が目指す魂を磨くということにつながってくると分かったのです。

右脳というのは芸術的、クリエイティブな時に働くだけだと思っていたのですが、そうではなく実はみんな右脳先行で考えれるようになると、幸せな状態が引き寄せられるというのです。
ネドじゅんさんによると左脳が右脳を覚醒させまいとして、毎日邪魔をしてくるそうです。

例えば、肉が食べたい!どこで食べる?と自分に問いかけた時に、食べ放題の焼肉か、高級焼肉に行くかと言われたら、心では美味しいお肉が食べたい!と思っていても値段とお腹いっぱいに食べれることを考えれば食べ放題に行ってしまう人が多いのではないでしょうか。

高級焼肉!と思うのは右脳、そして、値段やお腹いっぱい食べれるし、と考えたのは左脳の働きなのです。
さらに、左脳は考えて右脳に行かせまいとする作用も働いているそうです。
右脳に行かせない状態が、左脳にとっては心地よいそうなのです。

私たちがなかなか自分の魂の声が聞けず、磨くことがままならないのはこういった理由からだと言います。
じゃあもう絶望的じゃないか、と思うのですが、ネドじゅんさんが画期的な方法を作ってくださいました。

ネドじゅんさんのすごいところは、その方法を教えてそれに成功した人が何千万というお金を引き寄せたこと、またお弟子さんのような、ネドじゅんさんの考えを広める講師の方がいらっしゃるそうなのですが、その方々が教えを広めたところ、億という単位でお金を引き寄せる人も出てきたという、再現性が高いところにあります。

ネドじゅんさんのお話が聞きたい方は、ぜひこちらをどうぞ。


28分30秒くらいで、右脳と左脳についてのお話が出てきます。
なんとここでは、縄文人が昔右脳優位な生活をしていたということが語られています。
私が人類の起源について書いたときも、縄文人のような生活をすることが大切ということを語りましたが、全ては繋がってくるのだということがだんだんと私自身も分かってきました。

実際にやってみた!

では、実際に右脳優位になるよう、むしろ思考が右脳に引越しできるワークをやってみましょう。

まずやり方ですが、まずは「今ここ」ということにとにかく集中するということです。

1 「今」と言いながら息を吸い、「ここ」と言いながら息を吐きます。

これは言わなくても考えながらしても良いそうです。

2 呼吸をしているときに、左脳の働きである自動思考が働くので、それに気づいたら口角を上げガッツポーズをします。

あ、今日のご飯何にしよう?とか、未来のことや過去のことに意識が行ってしまいます。
これに気づいた時に口角を上げてガッツポーズをすることで体の神経に気づかせるということが目的だそうです。

3 今ここ、の呼吸法をして、自動思考が出ない時に、自分のしたら辺にあるぼんやりとした感情のようなものを感じる

これが基礎編です。
ちなみに、自動思考が止まらない!という人は、右手は2拍子、左は3拍子という動きをしてみると良いそうです。
右は、縦に上、下、上、下という風に動かし、左は三角を描く感じです。

そうすると何が起こるかというと、左脳が自動思考を始めることができないそうなんです。
実際にやってみると、確かに自動思考、言葉は全く出てきません。
というか、忙しくて出せません 笑

この状況を常にできるように訓練するのが上記の方法です。

早速やり始めたのですが、自動思考という存在にはすぐに気づくことができました。
口角を上げ、ガッツポーズもして体に覚えさせています。

まだまだ鍛錬が足りないので、これからも続けていこうと思います。
覚醒したら、この記事を更新したいと思います。

更新するのが今から楽しみです。


今、今ここワークをして2日目ですが、昔私右脳で考えていたということを思い出しました!
ある日、突然考えなくてはいけないと思い、夜に悩むということが始まったんです。
多分小学5年生か6年生くらいだったと思います。
それまでは、友達と喧嘩をしても覚えていないということが多く、次の日普通に話しかけに行っていたりしたのですが、考えるということが始まってからは、そういうこともなくなりました。

よくよく考えたら、これが自動思考で、その前はしていなかったのでは?と思ったんです。
ということは、私には息子がいるのですが、子供はまだ自動思考していない可能性が高い気がします。
赤ちゃんや子どもが霊的な感覚が強いということは聞いたことがありますが、このことが深く関係しているかもしれないですね。

子どもにそれとなく聞いてみたいと思います。

まとめ

今回は、「右脳」というところにフォーカスして記事をまとめました。
人類の起源から、いろいろな記事をまとめてきましたが、実は全て繋がっているんですよね。

これから書いていく記事もこれらのことにつながってくると思います。

実践方法を理解したけど、なかなか効果が出ない!
早く効果を出したい!とお悩みの方は、客観的に判断してもらうこともとても役に立ちます。
当サイトではメール相談を行っておりますので、気になった方は気軽に相談してみてください。

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️



-オーラ, マインド