ゆるいウォーキングのおすすめコースや効果的で簡単な歩き方を公開!

スポーツ

こんにちは。
シマユキです。

最近、体調があまり良くなく、
風邪を引きやすくなった
といった体調の変化を感じている方や、
ダイエットしたいけど、
ランニングなどの運動は
私にはできない・・・
といった方には、
ウォーキングがオススメです。

また、ウォーキングのメリットや
歩き方などをまとめてみました。

スポンサードリンク

ウォーキングは自分をとりもどす一番の近道

 

週末になると体がだるい、
精神的にパンパン、
頭もジンジンする。

普段忙し過ぎて、
疲れがたまっている感じ。

 

辛いことがあって、
自分を見失いがちだったなぁ
と感じている方。

また、最近運動不足で
太ってきてしまった。

しかし運動は苦手で
できればしたくない。

 

そんなみなさんにおすすめなのは、
ゆるいウォーキングです。

 

様々な不調に対する対処方法は
人それぞれあると思いますが、
ゆるいウォーキングは、
シンプルでお金もかけずにできる方法で
さらに歩くことで血液が循環し、
体温が上がり、
頭がすっきりしたり、
目の疲れもとれたりします。

 

また、一番のメリットは
体全体が少しずつほぐれて、
呼吸がラクになることです。

 

「息づまる」という言葉がありますが、
心身が緊張・疲労状態の時は、
本当に息がつまった状態になっており、
なかなかリラックスすることが
できません。

ゆるくウォーキングすることで、
自分らしさを取り戻し、
快適な人生を送りましょう。

 

効果的に歩くポイントは?

 

ゆるいウォーキングポイントを
いくつかあげてみました。

 

1. 深い呼吸をする

 

呼吸は人間が唯一意識して
変えることのできるものです。

緊張・疲労状態の時は、
浅い呼吸になってしまうそうです。

そこで、行なっていただきたいのは、
自分の足の裏を感じながら、
いつもよりゆっくり目に歩きます。

すると自然に呼吸ができてきて、
そのうち少しずつ深い呼吸ができてきます。

 

無理して深くしようとしたり、
呼吸ばかりにあえて集中すると、
それも負担になってしまいますので
途中であまり深く呼吸できていない
と思ったら足の裏に集中を
戻すようにしましょう。

 

また、歩きながら
頭の中にぐちゃぐちゃと考えが
浮かんできてしまっても、
無理せず、「ま、いっか」
という気持ちで放っておきます。

精神的にも楽になることで、
呼吸も落ち着いてきますので、
何も考えずに歩くことを
オススメします。

 

2. 朝に行う

 

ウォーキングを行う時間帯は、
朝、もしくは夕方が多いかと
思うのですが、
オススメの時間帯は
になります。

 

なぜ朝が良いかというと、
人間には体内時計というものが
本来備わっており、
光を浴びる時間が
日の出の時間に近いほど、
体内時計が正確になるそうです。

人間の本来の姿は、
日が落ちたら休み、
日が昇れば活動をする
というものですが、
電灯の発達により、
夜も行動できるようになり、
そのため徹夜などで
体内時計が狂っている人が
多いそうです。

 

そこで朝にウォーキングをすると
体内時計がリセットされ、
コンディションを整えることができ、
その上体調も良くなり、
1日を快調に過ごすことが
できるということですね。

 

また、朝に行うことで、
代謝が上がり、
ダイエット中の人は
その1日が代謝が上がった状態
過ごすことができるので、
より痩せる効果が期待できます。

 

3. フォームを意識する

 

ただ歩く、というだけでも
効果はありますが、
どうせ歩くなら効果的に
歩きたいですよね。

 

ところで、
正しい歩き方
というのをみなさんは
ご存知でしょうか?

歩き方を習うことがないので、
なかなか正しい歩き方をしている方は
少ないのではないでしょうか。

 

本来の正しい歩き方は、
着地してから最後足が離れるまでは
基本膝がまっすぐなのだそうです。

実際歩いてみると、
膝が曲がっている!
と驚く方も多いかと思います。

意識して膝を曲げないようにしても
なかなか矯正することは
難しいのですよね。

 

そこで、簡単な矯正方法として、
後ろ向きに歩くことを
オススメします。

 

後ろ向きに歩く際は、
必ず壁に手を付いた状態で
行いましょう。
(こけてしまう可能性があるため)

後ろ向きに歩くと、
膝がまっすぐになっていることが
良くわかると思います。

 

これが本来の正しい歩き方です。

 

また、後ろ向きに歩くのは、
あくまでクセづけの目的なので、
ウォーキングを始める前の
2〜3分を使ってクセづけをし、
その後ウォーキング始めてみてください。

また、大股で歩くと、
より歩きやすいと思います。

さらに腕を振って
より代謝を高めることで、
血液の循環も良くなりますので、
膝が曲がらないことを意識し、
ウォーキングに励んでいただきたいと
思います。

 

スポンサードリンク

おすすめのゆるいウォーキングコースはどこ?

 

ゆるいウォーキングを行うのであれば、
平坦な道で、自然の多い場所が
オススメです。

坂道などがあると、
呼吸が乱れてしまうので、
避けた方が無難です。

 

またウォーキングは、
普段から継続的に行うと
より効果的ですので、
毎日行うことができる
自宅周りが
ベストだと言えるでしょう。

日常的に行うと、
そういった場所がないという方も
多いかと思いますので、
そのような時には、
自分が落ち着いた
気持ちになれる場所を
チョイスして行うと
良いですね。

 

まとめ

 

ウォーキングを行い、
健康的な生活を送れるよう
継続していきましょう。


スポーツ

Posted by shimayuki1231