【大阪】2017年年末ジャンボの当たる売り場はどこ?販売期間や買い方も!

2017-10-30イベント

こんにちは。
シマユキです。

いよいよ今年も年末ジャンボの
季節がやってまいりました。

高額当選を夢見て、
様々な場所で宝くじを買い求める人が
たくさんいることと思います。

こちらでは、
2017年の年末ジャンボ宝くじの
販売期間や買い方、
さらによく当たる売り場も
まとめてみました。

スポンサードリンク

2017年の年末ジャンボ宝くじ販売期間は?

 

 

2017年の
年末ジャンボ宝くじ販売期間は、
以下のようになっています。

 

第731回 全国自治宝くじ(年末ジャンボ宝くじ)
販売期間 2017年11月27日(月)〜
12月22日(金)
抽選日 2017年12月31日(日)
販売価格 1枚 300円
1組 3,000円
同時抽選 第732回 年末ジャンボミニ
第733回 年末ジャンボプチ

 

当選金額や本数等級当せん金額 本数
1等  700,000,000,000円 25本
1等の
前後賞
150,000,000円 50本
1等の
組違い賞
300,000円 4,975本
 2等  10,000,000円  500本
 3等  1,000,000円 5,000本
 4等  100,000円  35,000本
5等  10,000円  500,000本
 6等 3,000円  5,000,000本
 7等  300円  50,000,000本

 

1等の当せん金は7億円ですが、
連番で購入することで、前後賞合わせて
10億円をもらうことも可能となります。

宝くじ販売期間は全部で26日間となっています。

 

お買い忘れのないように
してくださいね!

 

大阪ではこの売り場が良く当たる!

 

大阪で1番当たると
言われている売り場が、
大阪市北区にある
大阪駅前第4ビル特設売場です。

場所はコチラ

 

なんとここの売り場は、
日本一の高額当せんの実績を
誇っているそうです。

こちらはジャンボ宝くじのみ
販売している特設会場となっています。

 

他の有名な当たる売り場では、
買うまでに2〜3時間かかることも
少なくないそうですが、
こちらの売り場では
有名な場所にも関わらず、
そこまでは時間はかからないそうです。

 

また、行列は発売初日よりも、

大安吉日
一粒万倍日
天赦日
発売最終日

の方が多いそうなので、
縁起を担ぎたい方を除き、
早く買いたい!という方は
上記の日を避けた方が
良さそうですね。

 

また、南海難波駅構内1階宝くじ売場は、
大阪でナンバー2と呼ばれている
売り場だそうです。

駅構内にあるので、
買いやすい売り場なのでは
ないでしょうか。

 

場所はコチラ

 

穴場スポットもご紹介します!

八尾イズミヤチャンスセンター

布施ポッポアベニューチャンスセンター

 

他県からも買い求めに来る人が
たくさんいるそうですね。

 

ちなみに、以下が今年の
縁起の良いと言われている
日程です。

大安吉日

 

大安は六曜の中で
最も吉とされている日です。

 

2017年12月1日(金)
7日(木)
13日(水)
18日(月)
24日(日)
30日(土)

一粒万倍日

 

一粒万倍日は、一粒のモミが
万倍もの稲穂に実るという意味から、
昔は種まきに適した日
とされてきたそうです。

物事が何倍にも膨らむことから
お金が何倍にも膨らみ増えるとされ、
金運アップにつながるとされています。

 

2017年11月30日(木)
12月1日(金)
14日(木)
15日(金)
26日(火)
27日(水)

 

大安吉日と一粒万倍日

 

二つの吉日が一緒のため、
より金運アップに繋がるそうです。

 

2017年12月1日(金)

 

天赦日

 

天赦日は日本の暦の上で最も吉日
と言われるそうです。

何をやってもいい方向に進む

「開運最強日」

とも言われているので、
金運アップのために
宝くじを買う人が多いそうです。

 

12月3日(日)

 

寅の日

 

寅の日は12日に1度
巡ってきます。

虎が千里を行って
千里を帰るパワーがあることから
出ていったお金が返ってくるされており、
また黄金色の見た目から
「金運の象徴」としても
知られています。

 

2017年12月5日(火)
17日(日)
29日(金)

 

新月

 

新月は、満月になるにつれて
光が満ちていくパワーがあることから、
願い事をしたり金運が上がると
言われているそうです。

 

2017年12月18日(月)

 

満月

 

満月は、新月と同様のパワーがあり、
浄化作用もあると言われているそうです。

 

2017年12月4日(月)

 

スポンサードリンク

 

当たる人がやっている買い方とは?

 

世の中には高額当せんを
何度も果たしている人たちが
いるそうです。

確率的には皆平等にチャンスが
与えられているのですが、
そういったことが実際にあるんですね。

 

宝くじがよく当たる人がやっている買い方
まとめました。

 

まず枚数ですが、

1位 30枚(連番20枚、バラ10枚)
2位 20枚
3位 50枚

という結果になったそうです。

ただ多ければ良いというわけでは
ないようですね。

2位、3位の内訳はわかりませんでしたが、
これも連番とバラをミックスして買うことが
オススメなのではないでしょうか。

 

また、買ったくじは、
黄色い布に包み、
西側に置いておくと良いそうです。

【横山タンス店】(開運/縁起物)桐の宝くじ入れ 宝くじの保管に!送料無料【メール便】


 

さらに、

10年以上毎年買い続けている
いつも同じ場所で買っている

ということも大切なのだそうですね。

 

当たりやすい場所で買ったが
当たらなかったという人も
毎年同じ場所で
決まった枚数を買うことで、
高額当せんという夢を
つかめるのではないでしょうか。

 

当選確率ってどれくらい?

 

1等:7億円     2000万分の1
1等前後賞:1.5億円 1000万分の1
2等:1500万円   100万分の1
3等:100万円    10万分の1
1等の組違い賞:50万円 約10万分1
4等:1万円      1万分の1
5等:3000円     100分の1
6等:300円      10分の1

 

2000万というと、どれくらいの人数なのかが
想像がつかないかとと思いますが、
東京の人口が約1,370万人
(2017年9月時点)
となっておりますので、
東京都に住んでいる人全員以上の人が
年末ジャンボを買って、
一人当たるという確率です。

 

また、今回は25ユニット(ユニット増刷あり)
を予定しているそうなので、
1億円を手にするのは少なくとも
25人いるということですね。

※1ユニットとは、
2000万枚に1〜6等まで
入っているものです。

 

年末ジャンボやミニとプチではどちらが狙い目?

 

 

年末ジャンボは高額当せんの夢がありますが、
やはり確率が低いですよね。

高額当せんしたい!という方
少し金額は下がってしまいますが
ミニやプチを買うのが良いかもしれないです。

 

以下が、ミニとプチの
確率となっています。

 

年末ジャンボミニ

1等:1億円 約143万分の1

年末ジャンボプチ

1等:1000万円 10万分の1

 

1等の金額は下がりますが、
どちらも高額当せんですので、
当たる確率を選びたい方は、
ジャンボよりも、ミニやプチを選ぶ方が
オススメですね。

 

高額当選したら・・・

 

 

5万円以上の高額当せんをすると、
宝くじの換金所では支払われず、
みずほ銀行での支払いとなります。

また、50万円以上の当選金を受け取るには、
本人確認の書類(健康保険証や運転免許証など)
と印鑑が必要です
ので覚えておくと良いですね。

当日の受け取りは100万円までで、
それ以上を超える場合は振り込みか
後日渡しになるそうです。

みずほ銀行本店に限っては、
照合時間(2時間ほど)を待つことができれば、
当日に全額受け取ることが
できる場合があるそうですが、
事前に連絡して確認しておいてからのほうが
良さそうな気がしますね。

 

また、1000万円以上の高額当選者方には、

「その日から読む本
突然の幸福に戸惑わないために」

という本が渡されるそうです。

その本の中には、

・当選金の保管方法
・当選金の使用方法
・当選した事実を周囲に
知らせるべきかどうか
・贈与税に関する説明

などが書かれているそうです。

 

いきなり大金を持ったことにより、
人生が悪い方向へ変わってしまった
という人が少なくないそうです。

この本にしたがって行動することで、
より良い人生を歩めると良いですね。

 

また、宝くじは非課税ですので、
税金を払うことなく全額受け取ることが可能
です。

これはすでに購入した時点で、
税金を支払っているからだということですね。

 

まとめ

 

宝くじが当選したら何をしようかな?
と嬉しい想像ばかりしてしまいますよね。

その想像が現実になることを願っています!

 

 

スポンサードリンク


2017-10-30イベント

Posted by shimayuki1231