ラップ再燃!高校生が火を付け役!上手い作り方と頭の回転方法!

2017-02-22トレンド

現在、CMなどでラップを見かけることが
多くなったと思いますが、
実はこのブームの火付け役は
高校生だそうです。

再び流行った理由と、
作り方などを調べてみました。

スポンサードリンク

ラップの歴史は?

 

ラップは元々、
アメリカ・ニューヨークの黒人の間で
1960年代以降に広まった音楽だそうです。

そして日本のラップは1980年代初頭、
近田 春夫さんやいとう せいこうさんが
日本語によるラップに
挑戦したことから始まるとされているようです。

日本ではそこまで浸透していなかったラップですが、
1994年にスチャダラパーと小沢 健二さんがコラボした
「今夜はブギー・バック」と、
EAST END×YURIの「DA.YO.NE」の大ヒットで
一気にブレイクします。

当時の“渋谷系”と呼ばれるジャンルが
HIP HOPと融合した『今夜はブギー・バック』は、
ハイセンスでおしゃれ系の若者たちの間で大人気となり、
HIP HOPを一般層にまで浸透させたそうです。

そしてそれにトドメを刺したのが
『DA.YO.NE』で、
この曲は日本のHIP HOP初の
ミリオンセラーとなって、
地方の隅々にまで
ラップが行き届いたと
エンタメ専門の編集者は語っています。

 

そこから、90年代はヒットチャートに
数多くのラップ曲がランクインするようになり、
RHYMESTERやBUDDHA BRAND、
キングギドラなどが多数活躍しました。

この後、J-popもラップを取り入れ、
J-RAPなるものが出てきました。

2000年代にはDragon ASHがZEEBRAと
コラボした曲が大ヒットし、
KICK THE CAN CREWやRIP SLIMEといった
ゆるくておしゃれなラップが大人気になりました。

90年代に高校時代を過ごした私ですが、
たしかにあの当時は、
ラップが流行っていました。

 

高校生が火付け役?

 

今回、このラップブームの再燃に火を付けたのが、
高校生と言われています。

 

これは、2015年から放送されている
『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)
の影響が大きいと言われています。

この番組はフリースタイル(即興)の
ラップバトルが中心になっています。

ラップバトルは、
簡単に言えばラップによる口ゲンカのようなもので、
「高校生ラップ選手権」という企画げ出るなど、
その勢いはすさまじいものになっているそうですね。

高校生にまでブームが行けば、
経済効果まで期待できるとの事なので、
これから先、またラップが流行りだすことが
予想されますね。

 

[ad#ad-4]

上手い作り方と頭の回転方法とは!

 

重要なのはライミング

 

ライミングとは、韻を踏むテクニックの一つです。
ラップ=韻を踏むというのは間違いで、
正しいライミングをすることが上手いラップと
言えるのだそうですね。

 

ライミングは、出されたお題に全部の母音を
合わせたものになっています。

 

例えば、お題が「クレバ」なら、
その母音のueaをあわせます。

「クレバ」が「売れた」などなどです。

さらに出してきた言葉に対して、
すべて合わせるのがいいようですね。

さらに語尾で韻を踏んでいて、
次に頭で韻を踏むのを、
「返り韻」と呼ぶものもあります。

 

頭の回転方法は?

 

とにかく、どんなお題でも、
韻を踏むことを練習することだそうですね。

慣れていけば、
自然と口から出てくるようになるそうです。

他にも、たくさんのラップを見て
勉強することがやはり大切なようです。

 

これからさらなる流れが出来そうなラップ!
この流れに乗って頭の回転も速くしたいですね!

2017-02-22トレンド

Posted by shimayuki1231