MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

偽造カードでタバコを大量購入!?儲けた犯人グループの手口は?

time 2016/06/20

偽造カードでタバコを大量購入!?儲けた犯人グループの手口は?

ATM不正引出し事件で記憶に新しい、
偽造カードで、
新しく事件が起きました。

犯人グループの詳しい情報や、
手口などについて
調べました。

スポンサードリンク


 

sponsored link

新たな犯罪!

 

大阪で起きた今回の事件は、
犯人グループが
偽造クレジットカードを利用して、
たばこを大量購入したそうです。

購入したたばこは
中国で販売して利益を
得ていたとみられており、
府警が全容解明を進めているそうです。

 

この件で大阪府警は、
詐欺などの疑いで
中国人と日本人計10人を
逮捕したそうですね。

 

犯人グループは?

 

逮捕されたのは、
指示役で大阪市平野区の無職
武村 斉星(たけむら さいせい)
被告(33)と、
岐阜県美濃市の無職
陳涵(チェンハン)被告(21)
さらに、20代に中国籍の男女8人が
起訴されているようです。

この武村 斉星被告は、
元中国籍ということですね。

20代の中国籍の男女については、
SNSを通じて知り合ったそうです。
彼らは中国人留学生や技能実習生だった
ということなので、
お小遣い稼ぎとしてやったのでしょうね。

 

今回の事件では、
中国籍の男女が行ったということですので、
ATM不正引出しのような大きな組織は
絡んでいないと思われます。

 

スポンサードリンク


今回の手口は??

 

今回の手口は、
ネット経由で中国から、
米国のカード会社から
流出したとみられるカード番号
などの個人情報を
磁気データで購入したそうです。

米国のカード会社から
カード番号が流出しているのにも
驚きですが、
それを中国経由で
購入したというのも
かなり驚きですね。
日本経由では出来なかったのでは
ないのでしょうか?

そう考えると日本のセキュリティって
本当にすごいんだなと思ってしまいますね。

 

ATM不正引出し事件では、
アフリカのカードということでしたので、
購入経路も全く違うみたいですね。

 

カード番号を購入した後、
犯人グループは、
パソコンと専用ソフトで、
別に入手した中国の
銀行のカードにデータを書き込み、
偽造カード十数枚を作成し、
車で5府県のコンビニ約30店舗を回り、
たばこを買い込んだとみられています。

パソコンと専用ソフトを使って偽造カード
を作成したとのことなので、
データさえあれば、
偽造カードは簡単に作れてしまうという
ことなんですね・・・。

 

これはかなり怖いですね・・・。

 

今回の事件では、
ATMからお金を引き出したわけではなく、
クレジット機能を使って
たばこを大量に購入し、
それを転売して儲けを得ていたのですが、
偽造カードを使っての犯罪が
明るみに出たのが今で2件目だとすると、
また偽造カード絡みでの犯罪は
起きてもおかしくなさそうですね。

偽造のクレジットカードが日本で
分かるようになれば、このような事件は
起こりえないと思うのですが、
まだまだ、技術的には難しいんですかね。

 

早くこのような事件がなくなるといいなと
思いました。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031