MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

妊娠中の胸焼け!?対処法は??

time 2016/06/07

妊娠中の胸焼け!?対処法は??

妊娠中に胸焼けを
経験する人は多いのではないしょうか?

なぜ、そのようなことが起こるのか?
対処法を調べてみました。

 

スポンサードリンク


 

sponsored link

胸焼けの原因は?

 

昨日は、一日中胸焼けがして、
最終的には吐いてしまいました。
これまでも胸焼けすることは
あったのですが、
吐いたのはこれが初めてでした。
あの、独特の気持ち悪さは
もう経験したくないですね・・・。

と、いうことで
そうならないために、
原因・対策を探ってみました。

 

妊娠中は初期・中期・後期と
時期が分かれますが、
そのどれもに胸焼けの症状は現れる
そうですね。

 

妊娠初期

 

妊娠初期ではつわりがある、
というのは多くの方の共通認識だと
思います。

 

つわり中に胸焼けがするのは、
妊娠によって胃腸の働きが弱まることが
原因とされています。
これは、「プロゲステロン」という
ホルモンの分泌が活発になるためです。
プロゲステロンは子宮収縮を防ぐ役割を
担いますが、胃腸の働きも弱めてしまうのです。

さらに妊娠初期は胃酸過多になりやすく、
胃から食道粘膜へ上がり、
胸焼けを起こしてしまうそうです。

 

妊娠中後期

 

初期とは原因が少し変わってきます。
中後期になると、
お腹が大きくなってきますが、
そのせいで体内の内臓が圧迫されてきます。

胃なども上に押し上げられ、
そのせいで胃の動きが鈍くなり、
消化不良を起こしてしまいます。

 

初期ではホルモンの関係で
胸焼けを起こしていたのが、
中後期になると、
胃の状態が悪くなることが
原因になってくるんですね!

スポンサードリンク


何をすれば良いの?

 

妊娠初期

 

まずは食事です。
1回の食事量を減らし、
胃もたれを防ぎましょう。
刺激の強い食べ物を避け、
乳製品を取るようにすると良いです。
食事と飲み物を別々にするのも良いです。
そして、寝るときには
少し頭を高くすると
胃酸の逆流を防げます。

もしも、症状が重い時には
お医者さんに相談すれば、
薬を処方してもらえるようです。

 

妊娠中後期

 

中後期では、
消化の良いものを食べるように
心がけましょう。

具体的には、
うどんやおかゆ
あとは乳製品。
果物や茹で野菜などです。
スープを飲むのも
良いですね。

そして、
胃が圧迫されていますので、
1度の食事の量を減らし、
1日に5回の食事をとるようにすると
良いそうです。

 

妊娠初期と後期では、
胸焼けの原因が変わってきますが、
両方ともいえることは、
つらい時は休みましょうということでした。

そして、かなり症状がひどい時には
病院を受診することが勧められています。

 

ひとつだけ注意が必要なのは
後期の胸焼けには、
妊娠高血圧症の可能性も
含まれているというところです。

私も、2回尿たんぱくの数値が+だったので、
この可能性が否定できません。

胸焼けの他に
吐き気、頭痛、めまいなどの症状があり、
横になっても収まらなければ
病院へ行った方が良いとのことです。

 

妊娠中は様々なトラブルが起こりますが、
自分の体が変化していることをよく理解して、
行動していかなければならないですね。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031