MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

18億円ATM同時不正引き出し事件!2件目の逮捕者!?

time 2016/06/06

18億円ATM同時不正引き出し事件!2件目の逮捕者!?

5月15日に17都府県で
セブン銀行から偽造クレジットカードで
計18億円の不正引き出しが行われた事件の
2件目の逮捕者が出ました。

 

スポンサードリンク


 

sponsored link

1件目、2件目の逮捕者は誰?

 

sahashi

 

1件目に現金120万円の
窃盗の容疑で逮捕されたのは、
いずれも作業員で愛知県小牧市新町の
中園竜男(28)と
愛知県春日井市前並町の佐橋克哉(28)
の両容疑者で、
容疑を認めているということです。

 

この事件は南アフリカの銀行のカード情報を基に
偽造されたカードを使い不正に引き出しが行われたものです。

逮捕の決め手となったのは、
防犯カメラの映像で、
そこから、両容疑者を特定したそうです。

さらに2人は、
7店舗で同様の窃盗を行っていた
可能性が高いとされています。

 

2件目の逮捕者は、
東京都北区上十条の塗装工、
和泉智之容疑者(34)です。
和泉容疑者は、現金70万円を
不正に引き出したとされています。
本人は容疑を認めているみたいです。

コンビニの引き落とし限度額が
10万円のため、
和泉容疑者も7店舗で
不正引き出しを行ったそうです。

 

日本では、スキミング対策などが
きちんとされている印象だったのですが、
なぜこのような事件が
起こってしまったのでしょうか?

 

どのような手口で引き出したの?

 

海外からの観光客誘致を進めている日本で、
セキュリティの甘い
海外の磁気式のクレジットカードに
対応したATMが普及したことを
逆手にとった犯罪だと、
専門家は伝えています。

日本のクレジットカードでは
行えないような引き出しが出来てしまう
ということでしょうね・・・。

 

さらに専門家は
スマホやネットが普及したことで、
犯罪グループが一斉に
指示を出せるようになったことや、
ATMを置くコンビニが増え、
短時間で多くのATMからの
引き出しが可能になったことも背景にあり、
起こるべくして起こった犯罪といえる、
などと指摘しています。

 

スマホやネットは便利ですが、
便利になってしまったがために、
大人数で同時に犯罪を行えるように
なってしまったのですね。

しかも、この事件は
数時間のうちに
18億円を引き出されているので、
過去には起こりえなかった
犯罪と言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


不正引き出しをされないためには?

 

対策については、
海外のカードを使うことができる
というサービスを停止させることは難しいので、
現時点では
カードの情報が漏れないよう、
個人で注意を払うことしか
出来ないのではないかとのことです。

今後こうした犯罪が
増えていく可能性が高いので、
自分の身は自分で守れるよう、
セキュリティ対策を怠らず
生活していかなければなりませんね。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031