MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

熊本地震における子供の変調?どう対処する?

time 2016/05/11

熊本地震における子供の変調?どう対処する?

熊本地震が発生してから1か月が過ぎようとしています。
被災地の方々に置かれましては、
様々な不便などがあるかと思いますが、
一日も早い復興を願っております。

地震発生後もたくさんの余震などで
安心できない日々を送られている方も
大勢いらっしゃるかと思います。

大人でもつらい出来事なのに、
子供たちはどのように受け止めているのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

最近では、子供たちが

・急に怒りっぽくなった
・夜に突然泣き出す

などの変調があるそうです。

子供が変調をきたす原因とは?
そしてその対処法は?

 

sponsored link


変調をきたす原因?

 

1. 大地震、さらに余震により眠れない

 

まず、未だに収まらない、
さらにいつまで続くかわからない余震への恐怖。

今回の地震では、本震並みの地震が
実は余震で、揺れが収まったと思い
帰宅したところ、その後の本震で被害に遭う
という方が多かったです。

そのため、「いつまたあの大きな地震が来るのだろうか?」
といった、不安が頭を常によぎっていると思います。

子供たちも例外ではなく、
夜眠ることが出来ない、
と訴える子供たちが多いそうです。

 

2. 長期化する避難所での生活

 

家が半壊、もしくは全壊してしまった方は、
避難所での生活を余儀なくされています。

家はそう簡単に建てれる、建て直せるものでは
ないですし、避難所での生活は長引いてしまいます。

子供たちは、避難所での生活で疲れている
と予想できます。
さらに、大人たちにもこれから先のことがどうなるか
は分からないというのに、
子供たちにとってはさらに未知の世界です。
今後家はどうなるのか、学校には行けるのかなど。

学校は幸い再開されましたが、
まだまだ全員が以前のような状況に戻ることは
難しいと思います。

 

3. ストレスが溜まっているが気づかない

 

ストレスは、自分の予想していなかった出来事
が起こると溜まっていくそうです。

大人になるにつれ、ストレスの発散方法など
を知り、上手に対処できると思いますが、
子供ではなかなかそれが分かりません。

そもそも、ストレスを溜めていると
自覚できている子供は少ないのではないでしょうか。

 


そんな子供たちへの対処法は?

 

1. まずはご家庭で子供の様子を確認

 

地震が起こる前と後では、どんな様子かを
じっくりと観察してください。

少しでも、あれ?と思うことがあれば、
今は表面化していませんが、
今後何かしらの変化があるかもしれません。

様子を確認した後は、質問をしてみましょう。
本人も気づいていないほどの変化かもしれません。

ここで大切なのは、無理に聞き出そうとしないこと。
あくまでも、受け身の体制で、
子供たちが話そうかな、と思える環境づくりを
心がけてください。

 

2. 学校配置のスクールカウンセラーにご相談を

 

もしも、ご家族でも子供の心を開くことが出来ない、
と思われる場合は人に頼りましょう。

各学校にはかならずスクールカウンセラーがいます。

しかも、先生に相談すれば無償でカウンセリングを
行ってもらうことが出来ます。

家族のほうが話しやすいのでは?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
家族の事を思うあまり、
他人のほうがかえって話しやすい、
という子も中にはいます。

そして、スクールカウンセラーは専門家ですので、
安心して任せることが出来ます。

困ったときには、遠慮せず、
人の助けを借りましょう。

 

3. とにかく寄り添うことが大切

 

最後になりますが、子供の心のケアはとても大切です。
そんな子供たちへの一番のケアは、ご家族で寄り添いあう
ということです。

大変な時期ですので、お互いに気にかけあって
いくことが一番の寄り添いになるのではないかと思います。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031