MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

はしか感染拡大!現在までの感染人数や場所など!防ぐ方法は?

time 2016/09/02

はしか感染拡大!現在までの感染人数や場所など!防ぐ方法は?

おはようございます。
シマユキです。

はしかの感染拡大の恐れがあると
されています。

スポンサードリンク


はしか感染拡大!

 

昨年、はしかの感染患者数は35人で、
8月24日までの患者数は32人となっていました。

しかし、9月1日までに
あらたに30人近くの感染者が出たそうです。

 

日本では昨年、WHOからはしかは排除状態にある、
と認定されたばかりで、
早急に封じ込める事が求められています。

 

今回、なぜこんなにも感染が拡大したのかというと、
8月14日に千葉の幕張メッセで行われた、
ジャスティン・ビーバーさんのコンサートが
原因と言われています。

このジャスティンさんのコンサートに行っていた、
兵庫県の19歳男性がはしかに感染していたことが
8月23日に判明、
この時点で観客2名への感染の疑いがもたれていたそうです。

 

感染源はこれだけではなく、
関西空港を利用していたこの男性を含む6名の
感染が確認されています。

 

感染人数や場所は?

 

現在分かっているのは、
関西空港での感染者25名、
幕張メッセで2名、
そして兵庫県の男性1名となっています。

 

さらに、関西空港経由でない感染経路も分かっており、
東京都立川市で8月26日に行われた
アニメイベントで、はしかに感染した人が
いたことも分かっているそうです。

 

スポンサードリンク


これ以上感染を広げないために!

 

麻疹ウイルスに感染すると、
10~12日の潜伏期間を経て、
熱やせき、鼻水などの風邪のような症状が出て、
38℃以上の発熱が数日続くそうです。

発疹出現前後1、2日間に、
口腔粘膜(臼歯きゅうしの横付近)に
白い粘膜疹(コプリック斑)が現れます。

この粘膜疹は麻疹に特徴的であるため、
これを確認して麻疹と臨床診断されることがほとんどということです。

発疹はその後、顔面、体幹、手足に広がって全身の発疹となり、
数日後、色素沈着を残して回復に向かいます。

 

はしかを予防するには、
ワクチンを接種して発症そのものを予防することが最も重要
ということです。

空気感染、飛沫感染、接触感染があるとのことなので、
マスクをして予防することも大切ですね。

 

発症してしまうと、特効薬はないので、
ワクチンがとても大切になってくるそうですね。

 

現在、上記に挙げた場所での感染はないとは思いますが、
予防をきちんとして、これ以上感染を広げない事が
大切になってきます。

 

感染された方の早い回復と、
早くこの感染が収まることを
願っています。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます

アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031