MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

元気寿司でA型肝炎が蔓延!原因と対策!日本や他国への影響は?

time 2016/08/17

元気寿司でA型肝炎が蔓延!原因と対策!日本や他国への影響は?

こんにちは。
シマユキです。

ハワイの元気寿司で
A型肝炎が蔓延しているそうです。
原因や対策を調べてみました。

スポンサードリンク


sponsored link

A型肝炎が蔓延?

 

日本の寿司チェーン店の元気寿司は
ハワイで17店舗を持っていますが、
そのうちの11店舗がA型肝炎の感染を理由に
営業停止になっているそうです。

営業停止の文書はこちらです。

 

 

ハワイの保健当局によると、
オアフ島やカウアイ島などで
8月10日までに168人が
A型肝炎に感染したということです。

 

これについて保健当局は16日、
提供された冷凍物の生のホタテ貝が
感染源とみられると発表し、
店舗の営業停止を命じたそうです。

感染者は全て成人で、
オアフ島を中心にカウアイ島、
マウイ島の住民に加え、
アメリカ本土からの旅行者にも
感染が広がっているということです。

 

A型肝炎はA型肝炎ウイルスによる
一過性の感染症ということで、
B型およびC型肝炎と比べると
慢性化することは稀だそうですね。

症状は、ウイルスに感染し
2~7週間の潜伏期間の後に、
急な発熱、全身のだるさ、食欲不振、
吐き気や嘔吐が見られ、
数日後には黄疸が現れるそうです。

 

原因や対策

 

今回、ホタテ貝が感染源になったとのことですが、
海外産のホタテには、
A型肝炎ウイルスがいることがあるそうです。

ホタテ自体にウイルスがいる場合もありますし、
人が感染して、そこで2次感染してしまう事も
あるそうです。

 

対策としては今回の措置の様に、
ウイルスがあると思われる食品を食べない、
もしくは食べるなら加熱処理を行う、
そして、感染していると思われる人からの
感染を防ぐ、ということですね。

 

スポンサードリンク


日本や他国への影響は?

 

現在、A型肝炎の影響はハワイのみという事ですが、
A型肝炎ウイルスは潜伏期間が長いそうなので、
旅行者が帰国した時に感染が広がる可能性はあるそうです。

 

しかし、感染者が調理する際には清潔にする、
などという対策を行えば、
感染を広げるということはないそうですので、
万が一感染していたとしても
衛生状況が良ければそれ以上は広まらないようですね。

 

日本では生の食品を食べたり扱ったりすることが
多いですが、A型肝炎になじみがないのは
衛生環境が良いからだということです。

 

ハワイで衛生環境が悪かったかというと
必ずしもそうではないとは思いますし、
今回はホタテ貝からの感染という事なので、
感染は防げなかったのかなと思います。

 

日本でも暑い時期には
食中毒などが懸念されますので、
これから調理などされる際には、
さらなる注意を払って行いたいですね。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031