MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

福島第一原発事故、メルトダウンしていた?!隠ぺいか?

time 2016/06/03

福島第一原発事故、メルトダウンしていた?!隠ぺいか?

東日本大震災の発生から
5年が経過しましたが、
未だに福島第一原発事故の終息のめどは
たっていないのが現実です。

そんな中、東京電力の姉川 尚史
原子力・立地本部長が30日に会見を開き、
驚きの発言をされました。

 

スポンサードリンク


 

sponsored link

メルトダウンの事実を隠ぺいしていた?

 

姉川 尚史 原子力・立地本部長は
「炉心溶融に決まっているのに『溶融』という言葉を使わないのは隠蔽だと思う」
と発言されたそうです。
さらにこの問題で見解を明らかにしたのはこれが初めてだそうです。

メルトダウンの判定を巡っては、
東京電力は「炉心損傷割合が5%を超えると炉心溶融と判定する」
との社内マニュアルがあったにもかかわらず、
事故後約5年間、見過ごしていたことが発覚。
現在、第三者検証委が経緯を調査している。

姉川氏は当時の幹部が社内マニュアルを把握しながら
意図的に隠したかどうかについては、
第三者委の調査中を理由に明言を避

と日刊ゲンダイは報じています。

 

そもそもメルトダウンってなに?

 

メルトダウンとは、
原子炉内の燃料集合体
(炉心を構成する制御棒や支持構成物も含めて)
核燃料の過熱により融解すること。

~Wikipediaより~

 

分かりやすく言うと、
核燃料が原子炉内で高温になり、
圧力容器の中で溶けてしまったこと、
ということですね。

もしかすると、メルトダウンだけでなく、
メルトスルー、メルトアウトしている可能性もあるみたいです。

 

メルトスルーは、圧力容器を通過し、
格納容器に落ちること。
メルトアウトは、格納容器を通過し、
外部に漏れ出ることです。

 

この会見ではメルトダウンについてのみの言及でしたが、
メルトスルー、メルトアウトもしているのではないか、
との見方が強いですね。

放射能が外に漏れ出ているので、
高濃度の汚染水が今も海に流れ出ているのが現実です。

 

一刻も早く、この事態を収束しなければいけないですが、
今現在ある技術だけでは難しいのでしょうね。

災害が起きてしまうのは仕方がないことで、
こういった事故が起きてしまうのも、
悲しいですが仕方がないといえるのかもしれません。

しかし、真実をきちんと話すということは、
人と人とのコミュニケーションでもそうですが、
信頼関係にもつながりますので、
心して行っていかなければいけないと思いました。


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031