MAKES SENSE Channel

MAKES SENSE = なるほど!!

ファインディング・ドリー、監修にさかなクン?!

time 2016/06/02

ファインディング・ドリー、監修にさかなクン?!

 

みなさんはあの、カクレクマノミが主人公になった
有名なピクサー映画を知っていますでしょうか?

そう!
『ファインディング・ニモ』です。
父と子の愛を描いた作品で、
私は何度も見ては泣いています。笑

そのファインディング・ニモの続編、
ファインディング・ドリーがこの夏公開されます。

今作は、ニモの世界から1年後の世界を描いており、
前作でも活躍したナンヨウハギのドリーが主人公になっているそうです!

 

なんと、そのファインディング・ドリーで
ぎょぎょぎょ!でおなじみのさかなクンが快挙を成し遂げました!

 

 

スポンサードリンク


 

sponsored link

さかなクンのプロフィール

 

まずは、さかなクンについてちょっと調べてみました。

 

 

 

 

本名     宮澤 正之(みやざわ まさゆき)
生年月日   1975年8月6日(40歳)
出身地    東京都生まれ、神奈川県育ち

 

さかなクンはテレビで見るとすごく幼く見えるのですが、
もう40歳になっていらっしゃるんですね!

 

そして、さかなクンはすごい経歴を持っています。

 

中学生の時には学校で飼育していたカブトガニの人口孵化に成功。
(カブトガニの人口孵化は非常に珍しいそうです)
高校3年時にはTVチャンピオンの魚通選手権で準優勝、
その後5連覇を果たし、殿堂入りします。

2006年には、東京海洋大学客員准教授に就任。

2010年に、クニマス(当時は絶滅種となっていた魚)の生存を
発見し、さらに海に関する研究などの功績が認められ、
2012年には内閣総理大臣賞を受賞。

2015年には、名誉博士の称号が授与されました。

 

という、素晴らしい経歴の持ち主です!
さかなクンは魚が本当に大好きなんだなぁと
テレビ越しにも伝わってきて、
すごいなと感心するばかりです。

 

快挙!海洋生物監修!!

 

さて、今回のファインディング・ドリーで
さかなクンが果たしている役割とは、

『海洋生物監修』

です。

 

ピクサー作品の監修は、
通常は外部への依頼はしないそうなのですが、
さかなクンはその豊富な知識で
異例の快挙を成し遂げました。

作品内では、
日本語での正しい魚の表現や、
海の仕組みに関わることなどで監修を行ったそうです。

 

そして、監修だけでなく、
さかなクンは日本語吹替版でマンボウ役として
声優にも挑戦したそうです!

 

さかなクンの豊富な知識がつまったファインディング・ドリー。
公開が待ち遠しいですね!


スポンサードリンク


down

コメントする




テラスハウスinハワイのまとめ!

サイトの紹介

最近の気になる話題を中心に!

専業主婦
子育て2カ月目!

前職は英語講師
2016年3月に妊娠を機に退職
結婚4年目

結婚前はスポーツでトップリーグにも所属

これからは世の中のこと、
気になることを中心に発信していきます



アーカイブ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031